Home Concert grand jeté 2018

まだ気分も新鮮な一月のうちにと、ある土曜日の夕方、希望者の大人の生徒さんが集まってのホームコンサートを催しました。
大人の生徒さんのレッスンペースは様々で、毎週の方もいらっしゃれば、そういえば一年以上ほど顔を見ていない方も…。
 年齢も随分違えば、様々なお仕事や違う日常を持った、だけれど皆ピアノが好きで、時にはたどたどしくともピュアな気持ちで演奏発表をし、且つ、交流も愛する暖かな場。

生けてみました!
(時間余裕のない中、私にはたしなみないフラワーアレンジで、枝物は苦戦いたしました)

教室ではこの大人のコンサートを「grand jeté(グランジュテ 仏語で” 飛翔” の意味)」と命名して、それを何処かの会場で行ったり、レッスンルームで行ったりと形は色々です。
 今回は特に熱心な方々による待望の会で、実を申しますと、私はむしろ開催を促される立場でして、「会はいつですか?」と複数の声が重なると、企画を立て始めるといった具合でありました。

グランジュテの名前を入れていただき
(コストコのハーフシートケーキ 一度オーダーしたかった憧れ♪ クリームたっぷり 量たっぷり)

ここは良い教室なのか…?私はどれだけ役立てているのか…と、自ら疑問を抱いては同じ問答を繰り返す、そのような個人的に煩悶している時でしたので、信頼を寄せて下さる方々といっしょに時を過ごせ、部屋に響く賑やかさの中で、私の方がエネルギーをいただきました。
ありがとうございました。

イメージは輝く新春色♪

この日の曲目は、
★ classic 部門
ブルグミュラー ゴンドラの船頭歌
シューベルト ワルツD.365
ベートーヴェン エリーゼのために
ベートーヴェン ソナタ Op13第2楽章
★ pop部門
渚のアデリーヌ
ジャズ組曲(グレンダオースティン)
★ song部門
stand alone

会は朝から一日がかりの用意。買物とセッティングで夕方五時の開始でなんとかお迎えができました。二時間半で終了の予定が、夜九時まで延々。名残惜しみつつの終了となりました。