» BLOG ☆ KlavierHaus Letters

(ブログのタイトルは、万葉集「新しき年の初めに豊の年しるすとならし雪の降れるは」からヒントを頂きました)

教室の発表会、『ARIA』が終わり、はやもう一ヶ月♪

2020 クラヴィアハウス発表会

 大ホールであろうと、慣れぬフォーマルな服装であろうと、この前まで赤ちゃんだったような幼少であろうと、こどもって案外平気に、ステージですべき役割を果たしてくれるものです。

それが終了しての感想です。

クラヴィアハウスコンサート ハートの風船を背に

 しかしそれまでの経緯は以下に述べる有様。
今回はホール確保日の関係で、延期込の期間となりまして、より練習を積めるのは「吉!」と踏んでいた私、
ですが終盤では、「いや、全員の演奏が何か鈍化しているのでは?」と、腕組みし悩む日々でした。
 ピアノを学ぶ側にしてみれば、毎日他の習い事もあるし、目的というか、熱の入れようは、必ずしも教室と一致していないのかもしれない、それに、それはひとりひとり異なります。

 ただ、発表会を催すからには、私が求めるものは、知らぬ人が聴いても興味を惹き、思わず心底の拍手を贈る、そんなレヴェルのものです。
現実をそこまで引き上げたい…
 ミスタッチなんか気にしなくていいから、ただ通して弾くだけの演奏ではなく、『気』の入ったもの、そうでないと、命のない棒読みの朗読になってしまう~ ! ここで新鮮な感覚をもう一度呼び起こさねば!といった焦りと、「ちょっと待てよ、これは演奏者には単なる重荷?」という迷いとで、どうにか体裁を作ろうとしている指導者側の気持も揺れます。

 また、本番直前に年末年始を挟むことになって、これがまた気がかりこの上ない。
ピアノのことなど忘れて、西に東に飛び回っているだろうことは想像に難くないことでした。
(そういえば、前回の会も、春のゴールデンウィーク直後でした)
 それで、「君たちは大切な会を控えているんだよ」という意識向上のため、本番当日にリハーサルは行うものの、本番一週間前の1/5という日程で、さらなる予行演習を急遽計画!
正月気分も冷めず、年末年始休みの貴重な最終日である1/5。もしかして数人パラパラと出席の寂しいものになるかも…とさえ覚悟せねばなりませんでしたが、それに対し、殆ど全員がyesの返事を寄せてくれました。
たくさんの『弾きに行きます!』の意志表明は、抱いていた懸念は杞憂にすぎないと、正直、少々じんわり致しました。

余韻をありがとう♪

 こうしたリハーサルを経て、発表会本番日での、子どもたちの健闘に加えて、ステージをお手伝い下さった楽器店の方、教室に深い思いを寄せてくださる方々の支えもありまして、教室のコンサートはつつがなく進行し、華やかな一日となりました。
心底からの感謝をお伝えいたします。

プログラムも冬らしく-クラヴィアハウスのコンサート

 このように何度、会を催してきても、ステージというものは、本当、巨大な生き物と感じます。
毎度慣れることはありません。

この記事は2020/1/29時点のもので、最新の情報は「お問い合わせ」のページをご覧ください。(2020/2/18更新)

おんがくまいめろクラヴィアハウス 現在のお受け付けの可能な曜日 概要

★新宮中央教室
 【火曜】17:30 お一人様のみ / 中学生以上歓迎
     (部活がピアノの支障とならない方を優先します)

 【木曜】18:20 お一人様のみ / 回数制授業
     (開始月は教室側指定-春の見込-に寄ります)
  
★千鳥教室
 【水曜】16:40
     お一人様のみ / お子様~大人(不定期授業可)
 【水曜】18:20
     お一人様のみ / お子様~大人(不定期授業可)

★Lesson Once=セカンドオピニオンなど単発の授業希望者向け。
 受講曲目によりお役に立てない場合もございます。
 又成立は、両者のタイミングが合う場合で、教室場所はその時々によります。

☆授業開始日は教室の準備が整い次第となります。
数ヶ月先での開始希望の場合は、その一ヶ月半程前に、改めて
『お問い合わせ』ページで、受付の有無を御覧ください☆

メロディ1Piano at KlavierHaus

 教室側とのスケジュールの一致
 レッスン日以外にピアノを練習出来るフリーの日が平日中に必ずあること。
 楽器の所有。 ピアノもしくは、少なくとも強弱機能のある電子ピアノ(88鍵盤)が必要です。ご所有でない場合は、授業開始と同時に準備するご予定が必要です。(アドバイス致します)
 コミュニケーション。 教室とは長いおつきあいになります。互いに心暖かな関係を構築できるようご協力ください。
 ご姿勢。 お子様の場合、子どもだけ、もしくは親の意志だけでなく、両者揃っての積極的な取り組み姿勢があることがポイントです。
 心構え。 「ローマは一日にして成らず」。日々の努力を積み重ねつつも、長期的な観点でピアノの学びをとらえてください。
お子様へは、骨太の教育方針をお持ちのご家庭を歓迎致します。
 適した年齢。 教室で学ぶ基本的な対象年齢は 三歳~大人です。幼少のご年代は、授業の体制を受け入れるのがまだ困難なお子様もいらっしゃいます。ちょっと大きくなってからスタートする方が良いケースは多いです。

アップライトピアノマイメロピアノの良いところも大変なところも…

音楽は、実生活から離れた別世界をもたらしてくれます。メロディを自分の指先で表現するのは楽しいことです。
ピアノは時に人の感情を揺さぶるほどの力を持つ、代えがたい特技になり得ます。
 一方で、もっと目指すべき『上』が常に存在し、抱いたイメージのようにはすぐには達成せず、努力と忍耐が必要なのも、こうしたピアノの勉強の特徴です。
分野によっては、『ちょっとかじればすぐにできちゃう』習い事というのもきっとあるでしょう。でもピアノは、そういった「ちょちょいのちょい」から一番遠いところにある学びです。その時その時の、ヤル気と飽きの曲線グラフに惑わされず、人生の長きに渡って付き合っていく姿勢の学習者を、教室は求めています。

ことりちゃん

撮影:クラヴィアハウス新宮中央教室ピアノレッスンルーム

クラヴィアハウスレッスンルーム2017
2020年、クラヴィアハウスイメージ

オーストリア、ウィーンでのニューイヤーコンサートは日本でも毎年放映されます。
花で美しく飾られたウィーン楽友協会の大ホール(ヴィーナー・ムジークフェライン)からの新年を祝う演奏会のもようです。
現在のチケット入手システムはまた異なると思いますが、私が友人と滞在した時は、じっくりと着込んで大晦日の夜に、列に並びました。
高額の席はもう随分前から売られていて、私達が並んだのはまた別枠の席でした。
ウィーンの真冬の野外、深夜、その寒さにじっと耐えていたなんて、全く若さです。
今はもっと安易な方法にするか、とっとと諦めるという策に出ること、間違いなし。
しかしこの時はその忍耐の甲斐あり、かなり前方、しかもけっこう中央近くで鑑賞することができました。
演奏会前には、シルクばりの光沢を醸し出す (実は化繊の♪) 自分なりに力が入った綺麗な白いブラウスに着替えました。、
(このめでたいコンサートのために、和服を召される日本人もいらっしゃいますので、もちろん比べるまでもありません。恐れ入るばかりですが)
一生忘れることのないウィーンでの元日。全身で、ロリン・マゼールの指揮とウィーンフィルの音を楽しんだものです。

この旅では、オペラはモーツアルトの「魔笛」「フィガロの結婚」、ヨハン・シュトラウス2世のオペレッタ「こうもり」、バレエでは「くるみ割り人形」。ベートーヴェンのオーケストラ演奏も聴いた記憶があり、ミュージカルの「キャッツ」ウィーン版(ドイツ語)まで多岐にわたり鑑賞しまくった日々でした。
今や郷愁の彼方になりつつあるも、また断片的であるも、この季節、ひしひしと蘇る思い出。

ニューイヤー・コンサートのテレビを見ながら、「実際に此処に居たんだ~」と宣う私が、家族にはどうやら忌々しい様子。
フフ(*´∀`)
無茶できた、古き良き日々です。
嗚呼。

2019クリスマス-クラヴィアハウス

もうすぐ迎える2020年。

夢 !

地球に生きるもの、できるだけすべてに、自然がやさしくしてくれること。
まずはこの冬、
北極では白くまが困らない氷に恵まれること。

そして
さまざまな争いが減り、
テレビをつけると、今日のニュースはいい話ばっかりだった!と思える日。

さらに願わくば…
みんながしんみりと音楽に向かう時間をもっと持てること!

もろびとこぞりて

諸人(もろびと)こぞりて 迎えまつれ
久しく待ちにし 主は来ませり
主は来ませり 主は、主は来ませり
悪魔のひとやを 打ち砕きて
捕虜(とりこ)をはなつと 主は来ませり
主は来ませり 主は、主は来ませり
この世の闇路(やみじ)を 照らしたもう
妙なる光の 主は来ませり
主は来ませり 主は、主は来ませり
萎(しぼ)める心の 花を咲かせ
恵みの露(つゆ)置く 主は来ませり
主は来ませり 主は、主は来ませり
平和の君なる 御子を迎え
救いの主とぞ 誉め称えよ
誉め称えよ 誉め、誉め称えよ

大人のピアノコンサート 『グランジュテ』

今度の大人のピアノの会、個人の演奏曲のほか、春畑セロリさんのリレー連弾、『リレーdeバロック』を共通企画としています。
片手ずつで、上のパートから下のパートと移動しながら、弾きつないでいきます。
もう大変で大変で、どう楽観的に考えてもハプニング必至のこの企画、さてどうなることやら…。

大丈夫!音楽で完全ノーミスの出来を狙うなんて、大人のピアノで望まなくていいんです☆
音楽を奏でることが大好きだったり、自分の世界を広げたかったり、完全に脳トレという捉え方で続けていらしたりの様々な大人のピアノ。
普段は個々人の単位の習い事ですが、このような発表の場を持つこともたまには…!♪
教室では大人のこのピアノコンサートを、お一人お一人の飛躍の気持ちを込めて『Grand jeté』(グランジュテ)と呼んでいます。
飛躍したいのは、必ずしも自分のピアノの実力でなくてもいいのです。よし、やってみよ!という心です。

かわい~い動画を見つけました!
(ベトナム・ホーチミン在住の方のyoutubeのようですよ★)

ピアノのハンマーは肩叩きか、打たせ湯効果かな?
幸せそうな猫ちゃんです♪

2019夏ピアノ教室クラヴィアハウス

 イギリスとイタリア、そしてほんの少しのフィンランドに滞在してきました。
ずいぶん久しぶりのヨーロッパでしたが、今回の大きな目的の一つが、ピアノの魔術師と呼ばれるフランツ・リストの名曲探訪、
巡礼の年第三年に収められた「エステ荘の噴水」を実際に観に行くことでした。

ネットゥーノの噴水

 ここには『オルガンの噴水』 『ネットゥーノの噴水』 『ロメッタの噴水』 『楕円の噴水』 『百噴水』など、全部で500ほどの噴水があります。

 イタリアの美しい首都、ローマから車で一時間弱の東に位置する、ティヴォリ(Tivoli)という街にある、世界的な名庭です。

エステ荘庭園1

 ここは1560‐70年に建築されたと資料で知りました。その後、300年の時を経ること1877年、ここにフランツ・リストが訪れます。
社交的で自信家、ピアニストで作曲家、万事順調の人生に見えたリストですが、50歳を超えた頃から、反転します。
子供を次々に亡くし、理解者との別れ、ヴァイマルの宮廷楽長を辞任など、リストは絶望へと追い込まれました。
 そして1865年、53(54?)歳の時に、リストはローマにある礼拝堂での儀式を経て、聖職者となりました。
それ以降、常に黒い僧衣を身にまとって、作られた音楽作品は、調性感が薄れ、「神」や「死」を意識した宗教色の強いものとなっています。
その中の一つが、7曲からなるピアノ曲集「巡礼の年第3年」で、この中にエステ荘とタイトルに記されている曲が三曲存在し、 「エステ荘の糸杉に。哀歌」が二曲と、そして「エステ荘の噴水」 Les jeux d’eaux à la Villa d’Esteです。

エステ荘庭園2

 ホーエンローエ枢機卿によって、エステ荘に招かれたリストは、庭の多くの糸杉を見て、恋人のカロリーネ宛ての手紙にこのように綴っています。(1877年9月23日付) 「この3日というもの、私はずっと糸杉の木々の下で過ごした。それは一種の強迫観念であり、私は他に何も―教会についてすら―考えられなかった。これらの古木の幹は私につきまとい、私はその枝が歌い、泣くのが聞こえ、その変わらぬ葉が重くのしかかっていた !」と。

 「死と救済」が表現され、深い悲しみをたたえた『巡礼の年 第三年』の曲集の中、リストは1つだけ、希望の光を感じさせるような作品を組みこんでいます。それが「エステ荘の噴水」。
この曲の半ばで、リスト自身がヨハネ福音書からの引用し書き添えているのは、「私が差し出した水は人の中で湧き出でる泉となり、永遠の生命となるであろう」という言葉でした。
 こうして噴水そのものを音に描写したメロディは、暗く辛い状況最中にでも生命力を見出だせる作品として、今日でも尚、多くの演奏家や聴衆に愛されています。

オルガンの噴水



 そしてさらに時が経ち、リストが居た場を訪れ、私は同じ噴水の142年後を眺めながら、なおも新鮮な水のしぶきと決して古くはならない音楽を想いました。

エステ荘庭園3
(おもしろい表情の噴水ばかり集めてみました↑)

後記

 音楽がレコードからCDになり、そのCDさえ、コースター代わりになりかねない昨今、ダウンロードでの視聴が当たり前になりつつあります。カセットもMDもほぼなくなってしまいました。
聴き方が次々に変化しています。

 同じように、今どきの流行りの曲は、すぐに遅れ感を感じ始めませんか?
なのに、古く背表紙も痛み、譜面にシミが出ている、いかにも昔々の楽譜を広げては、いい曲だなぁと、いつでも新しく発見したような気になるクラシック音楽。作られたのはどんなに古くとも、水を得た魚のように新鮮に蘇り心を打つから不思議です。
聴く手立ては変化しても、そこに活きているものを感じ取れる自分であり続けたいです。

では最後に、リストの音楽に乗せて、エステ荘の噴水で実際に収めてきた記録をお届けしましょう。(噴水の音入りです♪)

お内裏様とお雛様2019

今でもリアルにその時のことを思い出します。
私自身はホントの雛壇を飾ってもらったことはありません。うちのものは、ガラスケースに入った一対の日本人形でした。
そのことはいいのですが、ちゃんと雛壇を飾っている(おそらく)親戚の家がありまして、それを目にした時のまだ幼かった私は、自分の家にはない憧れの想いから、その赤の段に腰掛けてみたのでありました。
周りの大人が慌てたのも時遅く、人形は段から落ち、同時に私はその段は階段ほど丈夫にできていないことも実感しました。

2019雛壇

そういう瞬間の記憶や印象は忘れないものですね。
つくづく阿呆な思い出ですが、失敗して後悔しないとものごとを学べない性格は今も健在です。w( ̄o ̄)w

2019年弥生

ちなみに当写真の雛壇は西鉄グランドホテルのロビーに飾られていたもので、問題のものではございません。大人になった私は少し鑑賞上手になりました。

なんとも嬉しいCMが現れました。

 あ、フェデラーがピアノに!
 そして語るは、小さな頃やっていたピアノに、今、もう一度触れてみた。そしてもっと練習して妻に聴かせたい」という、まぁ間違いなく世界中の女性の心を射止めるようなお言葉。
 ん、これはヤマハ?それともスタインウェイのCM ? …← すわ、それともとうとうカワイがコマーシャル始めたのか?!
…と思いましたら、やがてカメラはぐぐっと後ろに引き、焦点はジーンズに導かれるという構図、そして最後にユニクロのロゴが画面中央に現れるしかけです。(注 : ここでご紹介の動画には最初から右下にユニクロのロゴがあり、実際のTV-CMと具合が異なります)

 まぁ、私のようにシンプルな脳みそは、こういう広告にストンと落ちます。それにテニスを少し知る人なら、今年に入ってからの錦織圭君や大坂なおみちゃんなど、日本人選手の大活躍は心躍るものがあり、色々な大会に興味を持つにつけ、当然海外の選手にも詳しくなり、自然、そのスポンサーに目が行くものです。
 ユニクロといえば、当然ご存知のように、錦織圭選手もそれから前出のフェデラー選手(男子歴代単独1位在位記録者)、そして車いすテニスの国枝慎吾選手の現スポンサーであり、ジョコビッチ選手もユニクロがスポンサーについていた時代がありましたね。
 というわけで、テニスファン端くれの私としては、ユニクロにて商品を手にする時、「しかしこれはセールじゃないねぇ」などと不埒なことを考えるではなく、「色々ありがとう!ユニクロ!」と心の中で呟きつつ、レジに持っていくのが最近の個人的な心境なのであります。

piano-2019mar

 ところで、このCMに使われているピアノはどこのものか調べましたら、イルムラーピアノIrmler Pianos という初めて知る製造会社名でした。
 今は中国で生産されているとのこと。へぇ…でした。(やっぱり誇れる日本のピアノを採用してほしかったかな~)

 嬉しいCM出現と、クラヴィアハウスpiano teacherはテニスが好き♪というお話でした★

 他にも好きなもの、ついでに挙げます。
 アクアリウム、アロマ、アイスクリーム  (←「あ」だけでこんなにあるのでここら辺で…)
 特記として!ちゃんとピアノ練習してくるいい子ちゃん~♪~(´ε` )

多肉植物(セダム)のデコレーションはさらにクリスマス度合いをアップ!

Sedum Christmas Garden

そして次なるは、出ましたyoutube! 今日のご紹介は一捻りした音楽シーンです。
タイトルは「Jackson 5 and Bach were funky way before Bruno Mars’ Uptown Funk! -“I Want You Bach”-The Piano Guys」
と長く、ジャクソン5とバッハは、ブルーノマーズのアップタウン・ファンク以前にファンキー先駆者だった と解せます。

(一応説明…ジャクソン5はあのマイケルジャクソンの兄弟グループ、バッハは当然、バロック音楽の大御所。アップタウン・ファンクは曲名で、ブルーノマーズは今世紀のトップミュージシャンです←正直、好みです♪)
(そして、訳の難しい「アップタウン・ファンク」のニュアンスするところは、ハイソ気取りというイメージに近いかなぁ)

The Piano Guys は相変わらず楽しく見せてくれますね。

いつであれ、たとえ多忙のさなかでも、ほんの小さなことでも、ウキウキを見つける2019年をお迎えください!